4 10月

LINEでうまく感情表現するコツ

日常で使うLINEですが、実はスタンプを効果的に使うことによって
様々な思惑を暗に伝えることができます。
その方法をご紹介します。

・ささやかな好意を伝える時に

告白するまでいかなくても片思いをしていて好意をアピールしたい場合もあるはず。
そういった時にはLINEスタンプで好意を示しましょう。
恋愛で上手くいく秘訣はやはり好きだということを早い段階から相手に意識させることですが
付き合いが浅い時に好意を伝えても逆効果になることが多いです。しかしLINEスタンプならそういったことも起きにくいわけなんです。

日々のやり取りの中でLINEスタンプで軽い「好き」を積み重ねていくことは非常に今の時代に合った恋愛テクニックといえます。
何より相手の反応も見やすいですからね。

・逆に好意を出された時に断りたい場合

では逆に好意を持たれたけど乗り気ではない…といったときはどうでしょうか。
実はこのような時にもLINEスタンプは役に立つんです。
好意を持たれた際、してはいけないことの一つに安易に同調することが挙げられます。
何も考えずに好意があるように振る舞ってしまうと相手も同じ気持なんだと受け取ってしまうパターンが多いんです。
それが後のトラブルに発展したりすることも、もちろんあります。

しかしLINEスタンプでやんわり否定を続けることによりカドが立たずに、なおかつ交友関係を維持しやすくなります。
こういった対処の仕方はまさにLINEならではの方法です。
もし、よいのがなければLINEスタンプ 制作するのもありですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です